書籍『実践 原価計算』予約申込み

実践 原価計算

橋本賢一の新著『実践 原価計算』が10月12日に日本能率協会マネジメントセンターより出版されます。ご予約いただきますと2割引き( 税込¥3,024のところを¥2,419に割引 )で、ご購入いただけます。どうぞご利用ください。

書籍と一緒に請求書を同封いたしますので「銀行振込」にてお支払いください。


[内 容]

 
   第1部 原価・原価計算の種類 
  第1章 原価・原価計算の種類 -なぜ何種類もの原価があるのか-
  1-1 期間損益計算と原価の役割     ・決算書に原価はどのように出ているか
  1-2 未来の利益を増やす管理会計へ   ・なぜキャシュフロー計算書は生まれたか
  1-3 原価計算の目的は管理会計     ・原価計算の殆どは管理会計に使われる 
  1-4 財務と管理会計数値の不一致    ・なぜ改善しても経理数値に繋がらないか
  1-5 管理は人をアクションに導く     ・アクションなしでは何も変わらない 
   
  第2章 事業・製品別実際原価計算のやり方 -どの事業・製品が儲かっているかー
  2-1 事業・部門別原価計算と事業損益  ・成長性と収益性がある事業は?
  2-2 製品との関連分類の直接費・間接費 ・何が直接費で何が間接費か?
  2-3 原価計算は単価と消費量の掛け算  ・消費量の計算が圧倒的に大事
  2-4 製品別実際原価計算(個別原価計算) ・手間のかかる作業日報の記入
  2-5 製品別実際原価計算(総合原価計算) ・多種少量生産に向く原価計算は?
   
  第3章 部分原価・直接原価計算のやり方  -粗利と限界利益は何が違うかー
  3-1 全部原価と部分原価(変動費・固定費)・アクションなしではすべて固定費?
  3-2 変動費と固定費を分ける ・個別費用法で分けるのがベスト
  3-3 直接労務費は変動費として扱う   ・直接労務費が固定費では管理不在?
  3-4 損益分岐点を計算してみる  ・固定費を限界利益で回収する点
  3-5 5つの利益増大策         ・損益分岐点を下げる方法は?
   
  第4章 見積・標準原価計算のやり方    -事前に知る原価が圧倒的に大事ー
  4-1 事後(実際)原価と事前(見積・標準)原価 ・製品個々の実際原価は計算できない
  4-2 標準材料費の計算         ・投入と完成材料の歩留差を計算する
  4-3 設備費・金型治工具費の計算    ・汎用機と専用機では計算が違う
  4-4 標準加工費の計算         ・人と設備の標準時間を使い分ける
  4-5 製品別の見積・標準原価計算    ・製品別・工程別の1個当り原価を知る
   
  第5章 原価データとシステムの作り方   -事前原価計算に必要なデータは何かー
  5-1 事前原価計算には粗さがある    ・概算・基本・詳細に見積もる方法
  5-2 工順マスターの作成        ・材料消費量、工程別標準時間の把握
  5-3 標準原価マスターの作成      ・標準材料費・標準加工費の設定
  5-4 損益分析表の作成         ・製品別の損益と標準原価達成率
  5-5 コスト・時間テーブルの作り方   ・変動要因だけでコスト・時間を計算
   
   第2部 原価情報の活用  
  多目的の原価をERPで一元化  -標準原価を目的に合った原価情報にー
  6-1 評価とアクションのための原価情報 ・使い道・目的を考えた原価情報を出す
  6-2 真実の原価は標準原価        ・真実の原価を求め続けた歴史を知る
  6-3 予算と標準は目的が違う      ・予算管理でコストは下がらない
  6-4 原価情報システムの一元化     ・製品別の実績記録が不要になる
  6-5 製品別・部門別原価計算のやり方  ・一元化する計算例をやってみよう
   
  第7章 原価計算から原価管理へ  -原価が見えたらどのように使うかー
  7-1 役割:誰がコストを下げるのか   ・標準は役割を分けるために作られる
  7-2 課題:何をすればコストが下がるか ・効果のある課題を優先する
  7-3 あるべき姿:どれ位コストが下がるか・量から質へ原価分析する
  7-4 改善余地はどれ位あるか      ・技術段階のコストダウン効果が見える
  7-5 管理余地はどれ位あるか      ・製造管理のコストダウン効果が見える
  7-6 「誰・何・どれくらい」でまとめる ・コストダウン実施計画が立つ
   
  第8章 2つの原価管理でコストダウン -原価企画と標準原価管理(原価差異分析)ー
  8-1 原価企画のねらいと手順      ・高いレベルの達成目標を決める
  8-2 標準原価管理のねらいと手順     ・部門(人)別に原価を管理しているか
  8-3 標準材料費追求と材料費差異分析   ・良品に含まれる製造歩留ロスに注目
  8-4 標準労務費追求と労務費差異分析  ・稼働中の人・設備のロスに注目
  8-5 標準経費追求と経費差異分析    ・経費削減は使うときに見えるように
  8-6 コストダウンの推進活動      ・人の評価とアクションに導くには
   
  第9章 原価・価格見積と採算判断    -原価を使った意思決定と利益管理ー
  9-1 総原価の見積とABC原価計算 ・販売費のかかる顧客がいる
  9-2 基準販売価格で売りたい価格を出す ・積上販売価格をベースに考える
  9-3 価格の決定要素が変わった      ・市場・類似・希望価格のいずれか
  9-4 価格決定シミュレーション     ・受注が決まる適正価格を見つける
  9-5 正しい意思決定ができるか     ・赤字受注でも儲かる製品がある
  9-6 原価管理から利益管理へ      ・管理会計の業績直結成果
   

[お申込みフォーム]

メモ: * は入力必須項目です